• 自費出版はこちら

ONEBOOKSの口コミ・評判まとめ

はじめて利用する初心者から、何度もリピートしているベテランまで幅広く高い評判を得ているONEBOOKSを実際ni利用したユーザーの口コミをまとめました。

色んなものに印刷してくれます。珍しい物も沢山あります。

結婚式のノベルティーを自分で作って式に来てくれた人達に渡したいと思っていました。自分が企画した案はタオルやブランケットにオリジナルのキャラクターを印刷しようとしていました。その企画の為に色々と印刷会社を探していましたが、地元にある印刷会社だとイマイチしっくり来なかったのでネットで探してみた所、このONEBOOKSを見つけました。ホームページを見て色々と吟味をした結果、私はブランケットに自分が描いたキャラクターをプリントをしたいと考えていましたが、サイトを見ているとお守りがあり興味を持ちました。ブランケットよりお守りの方が面白いなと思ったのと予算が安く済むのでお店の方に相談するとお守りもいいと思いますよとオススメして貰ったのでお守りに決めました。

誠実な仕事ぶり、丁寧な仕上がりはピカイチ

副業で小説を書いていたところ、イベント会場で展示したいと声をかけてもらったことをきっかけに、自費で製本することになったのですが、信用できる印刷業者さんを探すのは初めての経験で、できることはネットで業者を検索してみることでした。ネットでは1冊の単価が手頃なところから多様にあり、なかなか業者を選ぶことができませんでした。そこで同じ職場の人に相談したところ、取引先の方からこちらの印刷業者を紹介してもらうことになりました。1冊からでも良心価格で製本で対応してくれる点、製本の他にも幅広く手がけている商品が多かったので、製作に強いと思い利用を決めました。仕上は乱丁なく1冊ずつが丁寧に扱われていたので、他の方にも安心して紹介できる業者です。

比較的に安い価格で同人誌を作成できるので ONEBOOKSを利用しました

ONEBOOKSを利用したきっかけとして自費出版の本や同人誌作成に興味があり、友人のすすめでカラーで帯やカバー付きで本格的な本も手軽に作ることができると聞き、 ONEBOOKSを利用しました。 ONEBOOKSを利用してみて一番魅力的に感じたのは1冊から本が出版できるという点にとても魅力を感じました。同人誌を作成するうえで、同人誌の見本を作って印刷会社に印刷をお願いすると今までなら大部数を印刷しないと各印刷会社の割引を受けることができませんでしたが 、ONEBOOKSでは1冊から出版ができ、1冊数百円とお手頃価格なので本を出版する手軽さがありだれでも安い価格で本が作れる魅力的なお店だと感じました。

会社で投資家向け広報業務を担当していたときファクトシートの印刷を発注しました

私が会社の広報部に在籍し、投資家向け広報業務を担当していたときに、ファクトシートの印刷をONEBOOKSに発注したことがあります。ファクトシートとは会社の過去の財務情報だけを掲載した冊子で、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書を掲載し、その内容について詳しく説明したものです。ファクトシートについては投資信託のファンドマネージャーのような機関投資家が重視している冊子ですので、紙質も上質コート紙などを用いて、数年間使用できるような形で印刷したいと考えていました。そこでインターネットで印刷会社を探したところ、ONEBOOKSが見つかったわけです。ONEBOOKSでは、各種紙質について説明してくれましたし、どの紙質を用いると1部あたりの重量がどの程度となり、1部あたりの郵送料金がいくらになるというところまで説明してくれましたので助かりました。ファクトシートの印刷を実際に発注し、納品物を確認しましたが、品質の良さに満足しました。

同人誌を1冊から印刷できるということが気に入って利用した

普段は同人誌を印刷するために他の印刷所を利用することが多いが、過去に自分が書いてweb公開した作品をまとめた本が欲しかった。他の印刷所だと、最低でも20~30部程度する必要があり、少数部数だと割高になってしまうため、悩んでいた。同人誌を印刷している友達から、1冊からでも印刷できて、割高にならない印刷所があると聞き、興味を持った。webに書かれているだけでは、実際にどんな印刷になるのかが不安だったため、用紙見本、金銀加工見本を取り寄せて検討しようと思った。見本は、webで見た時よりも鮮やかで、印刷するための用紙もたくさんの種類の中から選べるところがよかったこともあり、ONEBOOKSを利用しようと思った。利用してから、実際に本が届くと、質感もよく満足いく仕上がりになっていた。

仲の良い友人のすすめで利用してみました。

DTPデザイナーの友人におすすめしてもらい利用してみました。利用の目的は、共通の友人へ結婚のプレゼントで手作りの本を作ってあげたからです。利用してみた印象としては、特に気になった点は無かったです。データのやり取りもメールでスムーズに行えました。入稿のデータはillustratorで作成したものをpdfに変換して行います。もともとデザインの仕事をしていたので、分からないこともありませんでした。1冊から作成してくれるので、個人での依頼もしやすかったです。出来上がってきたものもキレイでした。最初は家で印刷しようとしてたくらいなので、やはり専門のところで頼むとキレイで良いなと思いました。友人にすすめてもらって良かったです。

駆け出しのわたしにぴったりの印刷会社です

趣味の絵画がきっかけとなり、昨年から子どもの向けの絵本を描かせていただいています。まだ、絵本描きとしては駆け出し中の駆け出しで、まだ右も左もわかっていない状態なのですが、わずかですが生活の足しになるくらいは稼げています。困っていたのが在庫管理です。まだ絵本描きとしては知名度もないので、書き上げた絵本の売り上げに波があり、在庫管理が非常に困難なのが悩みでした。最初のころは別の印刷会社を利用していたのですが、そこは大量に印刷するとその分印刷単価も下がるので、それに踊らされて在庫が溢れかえる事態にもなりましたが、ONEBOOKSは細かい発注数設定が可能であるために、需要と供給のサイクルを上手く回せるようになりました。

発注したキーホルダーの素材がしっかりしていて、電話対応も優しい雰囲気でした

キーホルダー制作で様々な加工をしてもらえる事からONEBOOKSに依頼しました。中でも各キャラクターを繋げた商品は私もお気に入りで、フルカラーのアクリルキーホルダーとしては非常に質の良いものが出来上がったと思っています。アクリルが透明なので、鞄に付けても映えるようなデザインになっていますし、10個から制作依頼が出来るので、注文のしやすい環境が整っているとも感じました。また何よりも好印象だったのが、見本として予め1つを送ってくれる仕組みです。これによって製造ミスやこちらの手違いが起きないようになりましたし、前金で作業を行ってもらう形だったので、納品までが非常にスムーズな印象でした。期間限定の商品も作れるので随時情報はチェックするようにしています。

ONEBOOKSで思い出の整理整頓の習慣を

ONEBOOKSを知ったのは、会社にあった広告でした。そこにはONEBOOKSの特徴や納期設定の情報が載っていて、いい感じだなあと単純に感じたので利用するに至りました。わたしの家庭では写真好きが集まっていて、年に4000枚以上の写真を撮ります。わたしも撮りますし、妻もアマチュアカメラマンです。せっかく撮り溜めた写真をHDDの中にしまいこんでおくのはもったいないと思い、またそれらの写真を整理整頓するためにも、一年を区切りとしてイヤーアルバムを毎年作ることにしました。そのアルバムはもちろん一冊で事足りるので、一冊から発注を受け入れているONEBOOKSはまさにわたしたちのニーズにしっかりと応えていました。

わたしがONEBOOKSを選ぶ理由とその利用法

わたしがONEBOOKSを数ある印刷会社の中から選ぶのには確固たる理由があります。それは大容量のデータを扱うことに慣れているからです。比較的リーズナブルな価格設定で展開している多くの印刷受託会社は、サイズ (容量) の大きい画像データには対応していないところが調べたところ少なくないことが分かりました。おそらくそのような大容量のデータをたくさん取り扱うようになってしまうと、生産受託が追いつかなくなってしまうということとそのようなサイズのデータを扱う機材がそろっていないことが考えられます。そのようなビッグデータに対応しているONEBOOKSはまさに印刷業界の先駆けとも言っても過言ではないかもしれません。

Copyrights (C) All Right Reserved.
自費出版はこちら