• 自費出版はこちら

きょうゆう出版の口コミ・評判まとめ

はじめて利用する初心者から、何度もリピートしているベテランまで幅広く高い評判を得ているきょうゆう出版を実際ni利用したユーザーの口コミをまとめました。

ゼミの論文集を製本するため、自宅近所の印刷会社に注文、見栄えが良く大満足

大学時代にゼミの学生たちの論文集を作ることになりました。大学にあるコピー機を使って作ってみましたが、どうも安っぽくて、納得がいきませんでした。学生の論文なのでこれでいいだろうという意見もありましたが、記念になるし、どうせならきちんと製本しようと意見をまとめ、印刷会社にお願いすることにしました。大学内にも製本サービスがありましたが、対応した人が不親切だったので、外部で探すことにしました。ちょうど自宅の近所にきょうゆう出版さんがあることを知り、ホームページをチェックしたところ、注文の仕方や料金体系などが丁寧に書かれてあったので、迷わず注文しました。仕上がりに一堂、大満足でした。やっぱりプロが作ったものは違います。紙の質、インクののり、そしてしっかり本のように仕上がっていました。納品も迅速でした。

取引先へ送るクリスマスカードの印刷を発注しました

私が勤務している会社には、アメリカやヨーロッパにも取引先の会社が多くあります。このため、毎年12月下旬になると日本国内の取引先も含めて、すべての取引先に対してクリスマスカードを送付しています。私は会社では総務人事部の総務課に配属されていたときに、クリスマスカードを印刷してくれる印刷会社を探したことがあります。インターネットで複数の印刷会社から見積もりとデザイン案の提案を求めるコンペを実施して、その結果、デザイン案と見積金額の両方を考慮して、もっとも優れた提案をしてくれたきょうゆう出版への発注を決めたのでした。このとき、私の会社では、あえて年賀状の印刷を依頼している会社とは別の会社に発注することに決めたのでした。理由は、クリスマスカードはキリスト教文化のポストカードであるため、全体的に陽気なデザインにしたかったからです。そして、きょうゆう出版は私たちのニーズに十分に応えてくれたのでした。

ネット検索で当印刷会社を見つけました。第1印象は印刷会社て感じです

利用した最大の理由は、値段が安価であったこが一番の理由でした。大学の学園祭のビラ配り用のものでしたので、大量に発注ができ、納品日も押していたこともあり、早く納品してくださる会社がきょうゆう出版さんだったからです。まずはじめに電話で、自分たちが作りたいビラのイメージ、予算等を説明し、実施できるかを確認したところ、親身になって相談にのっていただきました。その後、実際の原本をきょうゆう出版さんへ送り2日程度で予算内でビラの印刷が可能であるとの連絡がきました。とても対応が早く、当時学生だったわたしに親切にアドバイスをしていただきました。印刷の仕上がりも素晴らしかったです。発注から納品までも1週間程度と満足の利用内容でした。

アクリルキーホルダーの作成などもおすすめ。

大学でアニメや漫画のサークルに所属していました。学園祭では、ぜひアニメにちなんだことがしたいということになり、マンガ本やイラスト集を作成したかったのですが、費用の問題で、一番手頃な自作のキャラクターのキーホルダーを作成することにしました。Tシャツや本の印刷会社は多いですが、アクリルキーホルダーを扱っている印刷屋さんが少なく、探すのに苦労しましたが、ネット検索して一番にヒットしたのがきょうゆう出版でした。お値段も手頃なのもあり、利用させていただくことにしました。依頼してから作成が終わるまで、時間もあまりかからなかったので、迅速かつ確実に対応していただける、大変信頼のおける業者さんだと思いました。

同人誌のコンテストに出場するためにきょうゆう出版を利用

これまでもずっと同人誌は好きだったですが、やはりそれは人が描いたものなので自分が本当に好きになれるキャラクターにはなかなか出会うことが出来ませんでした。そこで出した結論は、同人誌のキャラクターを自分の手で描いてしまおうというものでした。絵画は習ったことがあり、結構自信があったのでキャラクターを描いてみたところ、いい作品が出来上がりました。その作品を手元に残しておくのはもったいないと感じ、近々開催されるアマチュア向け同人誌コンテストに出品しようと試みたのですが、やはりレベルが高く単に出品しただけでは勝てるはずがないと思い、きょうゆう出版のホログラムプリントを利用しました。これによって注目を多少なりとも集めることが出来、見事8位に入賞しました。

まわりのライバルとの差別化をはかりきょうゆう出版を利用

同人誌のライトノベルを描くようになって4年が経ちますが、まわりのレベルがかなり高くなってきていると日々感じております。具体的に申し上げますと、表紙のデザイン性がまず格段に向上している (おそらく内部のページと表表紙裏表紙の担当は別々にしている) のが第一に挙げられます。次に、鮮明度です。ライトノベルに挿入される絵は結構雑なことが多かったのですが、画質から色の表現まですべてにおいて格段に向上しています。そうした中、そのようなハイクオリティーなライトノベルに対抗するには、やはり絵のクオリティーにこだわらなければ勝てません。それを考慮しきょうゆう出版に変更しました。きょうゆう出版はベテランのかたが凸版印刷を担当してくれているので安心です。

きょうゆう出版にはとても感謝しております

知り合いがきょうゆう出版を勧めて来た為、同人誌の印刷業務をお願いする事にしました。初めて利用する会社であったので、些か不安な部分を正直持っていました。心配点とは、「同人誌が注文通りに完成しなかったらどうしよう?」や、「同人誌へと印刷ミスがもしあったら嫌だな…」と言った事です。しかしきょうゆう出版のサービスを実際に受ける事で、心の中にあった不安要素などは一気になくなりました。この時へと72頁700部数の同人誌を、トラブルなく順調に作製してもらいました。72頁700部の同人誌を製作する費用に掛かったのは、160,200円でした。1人でも多くの人達から買ってもらう為に、表紙の加工オプションとして、ホログラムPPと呼ばれるメニューを追加注文しました。ホログラムPPとは、表紙自体がキラキラと美しく輝く、見た方にインパクトを必ず与える、素敵な加工オプションです。イベント会場へと、完成して納品された同人誌を配置する事で、他のサークルが作った同人誌よりも明らかに目立っていました。その際に希望したのはスターライトと言われる、見るからにキレイで輝き放っている、美しいホログラムPPでした。スターライトのホログラムPP加工の料金とは、同人誌700部数で25,700円でした。製本やホログラムPPの加工金額を合算すると、185,900円になりました。72P+700部にもなる印刷作業であった事から、この価格は安いと思っています。従ってきょうゆう出版とは、良心的な印刷業者だと言えます。全く疑う事なく信用して、業務を頼んで行く事が出来ました。

きょうゆう出版を利用して同人誌を無事に販売出来た

同人誌をきょうゆう出版で製本してもらい、トラブルなく無事に販売する事が出来ました。この際へと利用したのは、SeIect&Black セット A5判と呼ばれるサービスでした。52頁の同人誌を600部作製してもらいました。費用が10万円を切る、僅か91,000円であった為、とても得したような気持ちになりました。きょうゆう出版は公式サイトを介して、依頼者が24時間に渡りいつでも注文出来る、魅力的なシステムとなっています。本屋さんやイベント会場へと、お願いしていた同人誌を直接運んで、スムーズに納品してくれると言う、大変便利なサービスも提供してくれます。しかも国内であれば、2つのエリアまでが完全無料になっています。イベント会場をメインに売る計画でした。同人誌一冊の重さがそんなになくても、何冊にもなれば、やはり搬入するのが至難の業であります。この悩ましい厄介な問題点を完璧に取り除いて、会場内へとしっかり運搬してくれた為、大助かりでした。利用料の支払いに至っては、銀行振込と、オンラインカード決済が用意されていました。素早く費用を払うのに、オンラインカード決済の方が適していると思いました。その支払い方式を積極的に選び、利用金額を簡単に納めて行きました。お陰様で問題が全く起こる事なく、同人誌を順調に売り捌く事が出来ました。ですので、きょうゆう出版のサービスを受けた事に、凄く満足しています。

きょうゆう出版を利用して、同人誌を予定通りに販売する事が出来た

きょうゆう出版のサービスを上手に活用して、同人誌をしっかりと売り出す事が出来ました。その際に利用したのは、Color&Black セット B5判と言われるコースでした。64頁の同人誌900部を、187,000円で印刷してもらいました。表紙オプションとして、マットPPと呼ばれるメニューを新たに付け加えました。マットPPを施した事により、ビニール系に属する特殊材料で、用紙の表側を美しく覆う事が出来ました。この影響によって、表面部分の艶を綺麗に持たせる事が可能となりました。マットPPとは、表紙全体を完璧にコーティングしてくれます。表面エリアのゴミや汚れをガードしてくれる、素晴らしい利点だって兼ね備えています。ビニール系の保護と言っても、ツルツルした仕上がりではないです。マットPPは、光沢を上手く消し去った特別な加工です。表紙をマットPP加工にした事で、同人誌を試しに閲覧していても滑りにくくなりました。読んでいる方がストレスを感じない、優れたメリットがあった事から、大変嬉しく思っております。マットPPを追加する金額とは、900部数で24,000円になっていました。全部合わせて計算すると、204,700円になった訳ですが、細かい点に至るまで、丁寧に製本してもらえた為、不満点など一切抱いていません。出来上がった同人誌は、インベン会場までちゃんと配送してもらえたので、非常に有り難く思っております。

きょうゆう出版のハイクオリティーな仕上がり

わたしは趣味で同人誌を描いているのですが、これまで描いてきたいくつもの作品を眺めているうちに、せっかく丁寧に描き上げたのだからひとつの作品にしたいと思うようになり、同人誌の印刷に対応している印刷所を探しました。その中で5つくらいの同人誌印刷所をピックアップし、そのすべての同人誌印刷所にサンプル印刷を依頼したのですが、出来上がったどのサンプルにもそれぞれの同人誌印刷所の特徴が良くも悪くもしっかりあらわれていました。その中で一番わたしの作品と相性が良かったのがきょうゆう出版でした。きょうゆう出版の色彩表現はかなり見本に忠実で、特にシアンやマゼンタのインクの質の良さを感じました。きょうゆう出版に出会うことができて良かったです。

Copyrights (C) All Right Reserved.
自費出版はこちら