• 自費出版はこちら

上野印刷所の口コミ・評判まとめ

はじめて利用する初心者から、何度もリピートしているベテランまで幅広く高い評判を得ている上野印刷所を実際ni利用したユーザーの口コミをまとめました。

同人誌専用のサイトがあって他社よりもプランが分かりやすかったため

表紙のデザインに拘って同人誌を販売したかったのですが、こちらで印刷すると4色のクリアカラーが出せると友人の間で評判だったので、私も依頼する事になりました。同人誌関連の扱いや対応に慣れているのか、こちらの注文にもスムーズに対応してくれている印象でしたし、コミック紙ラフとコミック紙ホワイトの違いを丁寧に説明してくれている印象でした。また幸運にも増刷が見込める作品だったのですが、上野印刷所さんで再度お願いすると3万円以上の再版割をしてくれるようで、そうした割引に関する利点も多いなと感じる事が出来ました。入稿確認からの搬入も迅速でしたし、予定の1週間の期日に間に合うように対応してくれた点にも好感度を持ちました。

大学のサークルでの同人誌製作の時に依頼しました。

大学のサークルで同人誌を製作してまして、年に数回のイベントの時に同人誌を発表しています。先輩の時代から代々ずっと製作をお願いしていた印刷所があったのですが急な値上げがあり、サークルの予算ではそれまでの印刷所には依頼できない状態になり、新しく製作を依頼できる印刷所を探しました。インターネットで検索して 上野印刷所の事を知りました。都内在住でしたので、東京近辺で実際に合ってお話が出来る印刷所が良かったのでその条件にピッタリでした。打ち合わせをした所、こちらの希望や要望も快く聞いてくれて大変スムーズなやり取りが出来ました。料金もそれまでの印刷所よりリーズナブルで、予算的にも問題ありませんでした。製品の仕上がりも色の発色もよく綺麗に出来上がりました。

会社の社内報を印刷するために発注しました

私は、現在の会社で広報部に在籍していたこともあります。そのとき、社内報の制作を担当していました。私の会社では主に営業部門、管理部門、開発部門の3部門があり、社員数が約1000名という規模ですから、毎月結婚や出産といった慶事があります。その方たちの紹介や、中途採用で入社してきた社員の紹介などを社内報で掲載し、できるだけ1000名の社員が一体感を持てるような試みをしてきました。その一方で、社内報の制作経費はできるだけ抑制しなければなりません。複数の印刷会社から見積もりをとったところ、上野印刷所がもっとも安い価格で提案してくれましたので、毎月の社内報の印刷を発注することにしたのでした。また、上野印刷所からカメラマンを紹介していただいたことも、取引が長く続いた理由となりました。

1000部印刷する場合に一番安かったので利用しました

同人誌の印刷を依頼した事があります。その時は1000部印刷しようと思っていたので、色々な印刷所に問い合わせをしました。たしか、7社くらい問い合わせをしたんですが、一番安くやってもらえる会社が上野印刷だったんです。入稿はオンラインでする事が出来ました。データ原稿だったので、オンラインだったんですが、アナログ原稿の場合も対応は可能だという事でした。特にコミケなどが無い時期だったので、1週間ほどで仕上げてもらえました。出来上がりの本も凄く綺麗で満足でした。表紙の光沢加工が他の印刷所よりも優れているなと感じました。特に不満に感じる事が無かったので、とても満足でした。上野印刷所の魅力は納品までのスピード感と価格の安さだと感じました。

グッズ作成のため利用、とても親切な会社様です。

グッズ作成のため利用させていただきました。私はsns上で活動していることもあってなにかグッズを作れば利益になるんではないかなとおもい、利用させて頂きました。ことらの会社様は他の印刷所に比べて丁寧で親切な印象なのが特徴でした。今回お願いしたのは私の会社のグッズ(マグカップ)でした。少しデザインの方に戸惑いましたが、出来上がりは抜群でした。とても良いものが作れたと思っています。マグカップが出来上がったあと、私のお客様にご注文頂いたのですが、結構な反響をいただきまして、今度はかっこいいTシャツをオリジナルで作ってみたいなとおもいました。またTシャツを作る際にはこちらの会社様を利用したいなと考えています。

上野印刷所でペーパーレスの流れを回避しました

わたしが勤めている職場では、最近印刷費用が問題として大きく取り上げられており、企業全体としてペーパーレスを推奨する流れが出来上がっています。その中で、わたしは会社が毎月発行する会社報の作成を担当しているのですが、やはりその総合的な費用を抑えるように、もしくはページ数を減らすようにとの強い圧力がかかっていました。そんなときにインターネット上で見つけたのが、この上野印刷所で、これまで委託していた印刷所よりも破格の値段で会社報をつくることが出来ることが分かりました。これによって無理に会社報のページ数を削減することもせずに会社報の作成を行うことが出来ました。これからもしばらく上野印刷所を利用していきたいと考えています。

ポスターのデザインを上野印刷所とディスカッション

会社のポスター作製を担当しているのですが、これまでそのデザインはわたしが担当していました。会社が毎月張り出すポスターにはそれごとにコンセプトがあるのですが、そのコンセプトをしっかり理解してポスターのデザインを作成しないと、何度か作り直しをするよう言われることがありました。この時間がいつも律速段階で、かなり時間がかかってしまっていたのですが、インターネット上で偶然見つけた上野印刷所の助けによってこの大きな問題が解決されました。上野印刷所は印刷所としてはベンチャーと言いますか、それほど大きな会社ではないのですが、それ故にかなり親身になってこちらの要望に応えてくれます。この点は上野印刷所の印刷所としての大きな強みであると思います。

センスのいい封筒づくりを上野印刷所と共同して

わたしが在籍している会社では、一年に二度ほど株主の皆様に株式情報を手紙として送付する作業があります。これはかなり前から続いている週刊で、紙の使用量が問題となっている現代でもそのような株式情報を手紙で送付する習慣が残っているのは、メールでの株式情報送付に伴う情報漏洩のリスク回避でした。そのため、半年に一度送付する株式情報の体裁を整える作業とその情報を包む封筒のデザインを考える作業があるのですが、これまではデザインとそれを印刷する会社を別々にしていました。しかし、これによってやり取りする手間が二倍になってしまっていたのですが、今回上野印刷所にデザインとその印刷の両方依頼することで、その手間が半分になりかなり楽になりました。

上野印刷所を利用した訳は友人が勧めてくれたからです

以前に自らで描いた同人誌を印刷してもらう為に、上野印刷所と呼ばれる会社を利用した体験があります。その時に上野印刷所のサービスを受けるきっかけとなったのは、高校時代から仲が良い、アニメ大好きな友達が勧めて来たからでした。上野印刷所では製本作り以外にも、様々なメニューが沢山行われていました。この際に選んだのが、スタンダートセットと言われるものです。スタンダートセットにより、B5判 1,000部数 コミック紙ラフ 36Pを製本してもらいました。気になる仕上がりは、友人が勧めるだけあって、とても綺麗に完成していたので、かなり満足しています。その時に掛かった、上野印刷所のスタンダートセットの費用とは、たったの127,980円でした。1,000部数も製作する訳ですから、最低でも15万円位の料金が請求されるものだと思っていました。なので凄くお得な値段により、同人誌を上手く作製する事が出来ました。想像以上の素敵な同人誌をきちんと作ってもらえた為、上野印刷所のスタッフの皆さんには大変感謝しています。お陰様で同人誌を、問題なく順調に売り捌く事が出来ているので、上野印刷所を利用して大正解であったなと感じています。同人誌を描いている、他の仲間逹にも評判が良かった為、この点に関してもポイントが高いです。同人誌を作るのは、想像以上の手間隙がどうしても掛かってしまいます。同人誌製作を力強くサポートしてくれるのが、上野印刷所と言う訳です。次回の同人誌の製本も、上野印刷所にお願いして行くつもりでいるほどなんです。

上野印刷所でオールカラーの同人誌を製本してもらった

同人誌を描いたまでは良かったのですが、最終仕上げをして、完成させるのに困っていました。同人誌を印刷してくれる専門業者は、色々なタイプの会社が数多く存在しています。長い労力と時間を費やし、漸く出来上がった同人誌であった事から、丁寧な製本作業を手掛けてくれる優れた印刷会社へと、どうしても頼みたかったんです。絵や文字などを描くのに、毎回神経を尖らせていたので、何とか作り上げた大切な同人誌でした購入して読んでくれる方々を確実に満足させられるような、読みやすくてキレイな同人誌を、何としてでも売りたかった訳です。優秀で人気が高い印刷業者を上手く選んで行けるように、ネット上へと載せられている、幾つかの口コミ掲示板をチェックして行く事にしました。それぞれの口コミ掲示板を細かく閲覧して、最も評判が良かったのが、上野印刷所と言われるところでした。この際に依頼したのは、オールカラーセットと呼ばれるメニューでした。紙種には、コート<110>やマットコート<110>の種類が用意されていました。同人誌をB5判 500部数発行したかったので、前者に挙げたコート<110>の方を選択して、実際に印刷業務をお願いする事にしました。この時へと頼んだのは、44ページの同人誌でした。価格は318,600円を請求された訳ですが、白黒ではなく、フルカラーであった為、その金額は妥当だと思っています。コミック全体が美しい色合いで構成されていた事から、不満など一切なく非常に満足しています。

Copyrights (C) All Right Reserved.
自費出版はこちら