• 自費出版はこちら

意外と怖い自費出版? 実際にあったトラブルから対応策を考えよう

f:id:urj:20160929221707j:plain

自費出版を考える人の多くは、本を出版するということに詳しくない傾向にあります。そんな方に、出版社や印刷会社の自費出版サービスは心強い存在です。しかし、「プロに頼んだからこれで安心」とまかせきりにしていると、あとでトラブルになってしまうこともあるのです。

 

自費出版はトラブルがたくさん!

出版には独自の用語やルールが多くあります。打ち合わせで意思の疎通がうまくできなかったり、契約内容をきちんと確認しなかったりと、理解しないままで進めると、想像していたものと全然違うことになってしまうことがあります。 また、出版社と著者で費用を分担して書店での販売をしようとする、協力出版とも呼ばれる自費出版の場合は、費用の分担が複雑になりがちです。

広告では著者の費用負担が軽くなるとうたっていても、実際には「制作費用は著者負担で、販売関連費用だけ出版社がもちます」「初版の費用は全額著者負担です」といったように、著者の負担は決して軽くないことは意外と多いのです。 書店での販売も、一般の人にはわからない仕組みや商慣習が多く、トラブルの種が多く潜んでいるといえます。「書店に並びます」と聞いていたのに、部数が少なく書店にないのと同じというようなこともあります。

実際にあったトラブル例

実際にどのようなトラブルがあったのか、事例をいくつかご紹介します。

当初の話と違う請求額

小説を書きためていたNさんは、定年退職を機に自費出版をすることにしました。自費出版サービスを探していたところ、「費用の一部を出版社が負担」「書店で販売」をうたう出版社がありました。制作費用が気になっていたNさんはここに依頼することに。 ところが、蓋を開けてみると、「この編集工程にはこれだけ追加料金がかかります」「この紙質にするにはプラス○円かかります」といったように、あとからあとから請求が増えていくのです。追加分はすべて著者の負担になるといいます。

それでも、いい本が作れればと何とか完成までこぎつけ、いよいよ書店に並ぶ日がやってきました。わくわくしながら書店に向かうと、Nさんの本はどこにも見当たりません。 あわてて出版社に連絡すると、「確かに書店には納品している。部数が少ないから並ぶ書店は限られる」とのこと。改めて確認してみると、書店で買えるとは名ばかりのような実情でした。

f:id:urj:20160929221803j:plain

ほめて夢につけこむ

いつか自分史を書いてみたいと思っていたSさん。あるとき新聞で「自分史コンクールの作品募集! 優勝作品は出版します」という告知を目にしました。 一念発起して書き上げた作品を送ったところ、何と出版社から連絡がありました。「残念ながら惜しくも優勝には届かなかったのですが、とてもすばらしい作品でした。自費出版してみませんか」――。 話を聞いてみると、出版社から内容に関するアドバイスも受けられるし、自費出版といっても書店で販売されるとのこと。

「少し手直しすればベストセラー間違いなしです。本来は200万円かかるのですが、とてもいい作品なので半分は弊社がもちます。売れれば元がとれますよ」とまで言われて、Sさんはすっかりその気になりました。 なけなしの貯蓄から100万円を捻出し自費出版、その結果はといえば、数十冊売れたかどうか。とても元がとれるものではありませんでした。「売れるって言われたから出したのに」と言っても、出版社は「結局は作品次第なので」と言うだけです。

安心できる出版社を選ぶ必要がある

自費出版を依頼するのは「個人」です。出版にも契約にも不慣れな人が多いでしょう。そういうところにつけこんでお金をしぼり取ろうとする“罠”は、自費出版においていろいろなところに潜んでいるのです。 時間や費用をかけてせっかく動き出した自費出版が、詐欺にあってしまったり残念な結果にならないよう、サービスの依頼先には信頼できる会社を選びたいものです。

そのためには、検討の段階で少しでもわからないところがあったら、うやむやにせず必ず問い合わせましょう。内容が明確になるだけでなく、会社や担当者の誠実さも見極めることができます。できれば口頭だけでなく書面に残るかたちで確認するとベターです。 契約も、相手のいいなりに判子を押すのではなく、必ず内容を確認すること。「何となく理解したつもり」で進めるのはとても危険です。

なかには、見積もりや説明資料に書かれていたことと、契約書の内容が違うといった悪質な会社もあります。 契約というのは重い行為です。「何となく引っかかる」と思ったら、もう一度見直してみるのも大切です。周りの知人や、場合によっては契約に詳しいプロに相談してみるのもいい方法です。

まとめ

自費出版には、個人の夢や情熱が託されていることは少なくありません。そうしたところにつけこんでお金を巻き上げようとする会社が少なくないのも残念ながら事実です。 当然、すべての会社がそのような悪質なところではありません。誠実にサービスを提供している会社も多くあります。

それでも、トラブルは起こり得るのです。 熱意はとても大切ですが、こと契約に関しては冷静な視線ももって進めましょう。第三者の視点も加わるとなお安心です。満足した気持ちで本を手にとれるよう、信頼できるパートナーを選びたいものです。

Copyrights (C) All Right Reserved.
自費出版はこちら